奈良県 御所市 歯医者 花岡歯科医院 予防歯科 顎関節治療 ホワイトニング

ホーム お問い合わせ
駐車場をご用意しております
  • 院長・スタッフ紹介
  • 診療の流れ
  • 院内紹介
  • 診療時間・地図

 

診療時間・アクセス

ヘルスプロモーション医院であること

トップページ»  健康の豆知識»  健康の豆知識 記事no.1

健康の豆知識 記事ページ

「口腔ケアで安心な出産」

女性の口腔内環境は妊娠で大きく変化する。
まず、唾液が減少して口腔内が酸性に傾き、虫歯にかかりやすくなる。
一方つわりの影響で歯磨きが気持ち悪くなり口腔内の清掃は不十分におなかが大きくなると一度にたくさん食べられないため食事回数が増え口の中が汚れている時間も長くなる。

早産の可能性
また、女性ホルモンの分泌が増えるとこれを大好物とする歯周病菌が増殖して妊娠性歯肉炎がおきやすくなる。
歯周病菌や炎症性物質は、子宮収縮を促すプロスタグランジンなどの血中濃度を上昇させ、早産を起こす可能性がある。
胎盤や子宮への歯周病菌の感染は低体重児との関連が指摘されている。
それだけに口腔ケアは重要だが、薬や麻酔、エックス線が胎児に影響するのではないかと心配する妊婦は多い。
一方で、妊婦についての知識や情報の不足から治療を敬遠する傾向が歯科医にもある。
母子健康手帳を確認し体調に気を配る事は勿論基本ですが、妊婦に特別な治療があるわけではない一応妊娠16週以降の安定期の治療が基本で治療内容は一般と同じすが安定期以外でも内容によっては治療可能です。
歯科用の局所麻酔やきちんと防護したうえでのエックス線撮影は、胎児にほとんど影響せず痛み止めや化膿止めの薬は比較的安全な物を必要最小限処方すれば問題ない。
子供の虫歯は多くの場合 母親からの虫歯菌感染が原因となる妊娠中から母親の口腔ケアを十分に行えば、赤ちゃんを虫歯から守ることにもつながる。

ページトップへ戻る