奈良県 御所市 歯医者 花岡歯科医院 予防歯科 顎関節治療 ホワイトニング

ホーム お問い合わせ
駐車場をご用意しております
  • 院長・スタッフ紹介
  • 診療の流れ
  • 院内紹介
  • 診療時間・地図

 

診療時間・アクセス

ヘルスプロモーション医院であること

トップページ»  健康の豆知識»  健康の豆知識 記事no.68

健康の豆知識 記事ページ

その歯の痛みは、虫歯ではなく「かみ締め」が原因!?

最近、虫歯や歯周病でもないのにかむと激痛がする。あごを動かすとカクカク音がする。
何度治療しても、詰め物がしばらくすると割れたり、取れたりすると訴える患者さんが多くみうけられるようになってきました。

以前では日本の歯科治療の範疇では対応できない症状だったが、アメリカ咬合学会でTМD(側頭下顎部(かがくぶ)障害)と提唱されました。

TМDとは顎関節症とも呼ばれ、口を開けると顎関節に痛みや違和感があり、口を大きく開けられない、朝起きるとあごがこわばる、歯や頭の痛み、首や肩のコリなどの諸症状が現れる。

謎の痛みや症状の背景に、『かみ締め』が関係しているということ。
あごの関節や姿勢の悪さに原因がある事がわかってきた。

私たちは、なにか難しい問題やストレスに直面すると、歯をぐっとかみ締める。
このとき、歯には約200kgもの負荷がかかっている。
通常はそうした緊急事態が終われば、歯は元の状態に戻るのだが…。

「元の状態とは、上下の歯同士が数mm離れ、舌が上あごについている、本来の自然な状態のこと。
しかし、最近はそれが維持できない、つまり、つねにかみ締めている人が増えているのです」

歯は体の中で最も硬い器官だが、かみ締めは同じ硬さの上下の歯を押しつけるので、歯の接触面がしだいに削れて、摩耗する。内部の象牙質はあまり硬くないため、歯の根元にヒビが入ったり、割れて、そこに菌が繁殖して炎症を起こし、痛みに。結果、抜歯するしかない場合も。

上下の歯は、食事で咀嚼(そしゃく)するとき以外は接触していないのが普通です。では、一日のうちどのくらいの時間、接触しているのか? 調べたところ、一般的には、最大たったの20分程度でした。それ以上にかみ締めてしまう要因には、ストレスなどによる精神面と、悪い姿勢などの体の歪みが関係しています。

「歪みが軽い場合には、普段から自分で歯を接触させないように意識する方法(ティース・アパート法)と、家で全身の歪みを補整・予防する体操を実践してもらいます。ほかにはマウスピースの着用を指導することも。歪みがひどい場合には、理学療法士や整形外科医で治療を行ってもらう。

歪んだ土台に家を建てないように、まずは歯が生えている土台を整えること!咬合(こうごう)調整として、安易に歯を削る前に、かみ締めという原因を考えてみる必要がある。


 
ページトップへ戻る