奈良県 御所市 歯医者 花岡歯科医院 予防歯科 顎関節治療 ホワイトニング

ホーム お問い合わせ
駐車場をご用意しております
  • 院長・スタッフ紹介
  • 診療の流れ
  • 院内紹介
  • 診療時間・地図

 

診療時間・アクセス

ヘルスプロモーション医院であること

トップページ»  健康の豆知識»  健康の豆知識 記事no.61

健康の豆知識 記事ページ

歯ぎしり対策のツボは、ストレスをやわらげる 「天突(テントツ)」と「内関(ナイカン)」

一緒に寝ていて、どうにもやり過ごせないのが「歯ぎしり」。本人は熟睡できているかもしれないが、隣でキリキリ音を一晩中聞かされるのはたまったものではない。
かなり親しくなって、それが言えるようになれば、歯科医の出番で、※バイトプレート(※上の歯と下の歯が、強くかみあうのを防ぐために装着する)などを装着することで解決できる。
「日頃からいっしょに暮らしている人から少しでも指摘されたのでしたら、寝る前にツボ押しをして、少しでも不快な思いを相手にさせないですむよう頑張ってみましょう」歯ぎしりの原因のひとつ、ストレスをやわらげるのに効果があるのが「天突(テントツ)」というツボ。左右の鎖骨と鎖骨の間のくぼみにある。中指で胸方向に斜めに10回ほど軽く押すとよいそうだ。 また、左右の手首の内側中央から、ひじの方向に向かって指3本分のところにある「内関(ナイカン)」も5秒ずつ押してみよう。気持ちがリラックスし、ストレスも緩和され、精神的に安定できるとのこと。

旅行先などでは、一緒に寝る相手も気の毒だが、自分でも落ち着かない気分になってしまう歯ぎしり。歯ぎしりの原因はいろいろだ。
このツボ押しも解決法のひとつとして、試してみてはどうだろう。


 
ページトップへ戻る