奈良県 御所市 歯医者 花岡歯科医院 予防歯科 顎関節治療 ホワイトニング

ホーム お問い合わせ
駐車場をご用意しております
  • 院長・スタッフ紹介
  • 診療の流れ
  • 院内紹介
  • 診療時間・地図

 

診療時間・アクセス

ヘルスプロモーション医院であること

トップページ»  健康の豆知識»  健康の豆知識 記事no.58

健康の豆知識 記事ページ

カラオケは「口の中」から若返れる?

歌で唾液の量が増え、ストレスが解消される


唾液腺は筋肉に裏打ちされているため、口の周りの筋肉を鍛えると唾液の分泌も増える。ガムを愛用するのもいいが、イチオシは「カラオケ」だ。

「古来、人間は歌で喜怒哀楽を表現し、歌でつらい作業を耐え忍んできた。歌うことは健康にいいと言われるが、実際にどんな効果があるのか、第一興商と共同で調べた」
実験に参加したのは60歳以上の高齢者44人。好きな曲を3曲歌ってもらい、その前後で唾液の量、唾液に含まれるコルチゾール(ストレスホルモン)の量、気分の変化を調べた。その結果、歌った後は唾液の量は増え、コルチゾールは減った。気分が明るくなり、「緊張」や「抑うつ」といったネガティブな感情も改善した。なぜ唾液が増えたのかというと、「口の周りの筋肉を使ったというフィジカル面と、歌うことで副交感神経が優位になったというメンタル面、ふたつの理由が考えられる」

コルチゾールが減ったのも、リラックスして副交感神経が優位になったため。まさしく「歌でストレス解消」が実証されたわけだ。コルチゾールの量が多く、交感神経が優位になっているときは、免疫力が下がっていて病気になりやすいという。

興味深いのは、「歌が好き」な人はもちろん、「歌が嫌い」「うまく歌えなかった」という人でも、効果が変わらなかったことだ。
「楽しくないときも、笑顔を作ることで楽しい気分になる。それは笑って楽しかったときの記憶がよみがえるため。歌っているときも表情筋が動くことで、幸せだった記憶、楽しかった記憶がよみがえり、コルチゾールが下がるのだろう。笑う門には福来る。。。。

 


ページトップへ戻る