奈良県 御所市 歯医者 花岡歯科医院 予防歯科 顎関節治療 ホワイトニング

ホーム お問い合わせ
駐車場をご用意しております
  • 院長・スタッフ紹介
  • 診療の流れ
  • 院内紹介
  • 診療時間・地図

 

診療時間・アクセス

ヘルスプロモーション医院であること

トップページ»  健康の豆知識»  健康の豆知識 記事no.50

健康の豆知識 記事ページ

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)とは睡眠中に10秒以上の呼吸が停止、つまり無呼吸が5回以上繰り返される病気です。主に、いびきや昼間の眠気、熟睡感がない、起床時の頭痛などの症状があります。また、SASは生活習慣病と密接に関係しており、放置すると生命の危険に及ぶこともあります。また、SAS特有の眠気は交通事故を起こす危険もあり、早期に適切な治療をすることが大切です。

 

 

 

原因

睡眠時無呼吸は、上気道(空気の通り道)が閉塞することにより起こります。閉塞の原因は、首周りの脂肪の沈着、扁桃肥大、アデノイド、気道へ舌が落ち込む、舌が大きい(巨舌症)、鼻が曲がっているなどがあげられます。また、欧米人のSAS患者さんは肥満している人がほとんどですが、日本人の中には顎が小さい(小顎症)ため、気道がふさがれやすく、やせているのにSASである方もいらっしゃいます。 ですので、SASの患者さん全員が太っていると思うのは間違いです。

 

 

症状

SASはさまざまな症状を伴います。
いびき、日中の眠気、起床時の頭痛、睡眠中に脳が覚醒状態になる(中途覚醒)やインポテンツなどがあります。

いびき 起床時の頭痛
 

 

日中の眠気や倦怠感 そのほか
 

夜間の中途覚醒
不眠
インポテンツなど。。。

 

治療法の決定

眠時無呼吸症候群の最大の問題は、その方の生活の質をご本人が知らず知らずに下げてしまうことにあります。

 

本来なら

 

もっと眠くないはずなのに・・ もっと仕事に集中できるはずなのに・・
 

 

もっと元気なはずなのに・・ もっと楽しくドライブにいけるはずなのに・・
 

もっと家族と楽しく休日を過ごせるはずなのに・・
 

また睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に体内が酸素不足になり様々な悪い影響を引き起こします。重症の場合は虚血性心疾患、脳梗塞などを発病しやすくなるとも報告されています。
良い睡眠を取り戻し、もっと元気な本来の生活を取り返すためには、適正な治療を受けると事が必要です。

 

SASと診断された場合、次に治療法を決定します。治療は、内科的治療、歯科装具、手術に分けられます。患者さんにあった治療法を患者さんと相談しながら医師が選択します。また、治療を効果的に行うためにも生活習慣の改善に心がけましょう。

ページトップへ戻る