奈良県 御所市 歯医者 花岡歯科医院 予防歯科 顎関節治療 ホワイトニング

ホーム お問い合わせ
駐車場をご用意しております
  • 院長・スタッフ紹介
  • 診療の流れ
  • 院内紹介
  • 診療時間・地図

 

診療時間・アクセス

ヘルスプロモーション医院であること

トップページ»  健康の豆知識»  健康の豆知識 記事no.26

健康の豆知識 記事ページ

雨の日に鼻水が出るのは…低気圧のせい?


まだまだ辛い花粉シーズン。毎日の天気予報に一喜一憂している人も多いのではないだろうか。
ところで、花粉が一時的にあまり飛ばなくなる雨の日は、本来、花粉症の人にとってはラクになる日のはずなのに、なぜか鼻がグズグズしたり、くしゃみがやたらと出る…ということがある。さらに、雨の日に室内にいても、鼻の調子が悪いこともあるけど、これって別の花粉か何かが飛んでいるということ? いったい何が原因なのか。

雨の日に鼻水が出るという人は確かにいます。理由に関しては諸説あるようです。基本的には低気圧が来ると雨が降りますが、この低気圧が鼻水にも影響しているといわれてます。

雨の日の鼻水は、花粉症とは違い、低気圧による影響という説が有力のよう。
「雨の日に古傷が痛む」というのはよく聞く話で、これも一般的には低気圧とのかかわりとして説明がされているけれど、では、低気圧と鼻水には、どんなかかわりがあるのだろうか。

「まずは低気圧によって、高気圧時より血管が拡張するために、滲み出して鼻水が出るという説。もう1つは、低気圧で自律神経の働きが狂い、副交感神経が優位となって、鼻水が出るという説が言われています」

ところで、「雨の日に鼻水が出る」という症状は、アレルギー体質の人に見られることなのだろうか。

「ぜんそくの人もよく低気圧がくると悪化します。したがって、アレルギーの保因者はその影響を多分に受けるかと思いますが、体調の悪い人にも影響が出ます」

私たちのカラダは、天候や気候の影響をけっこう受けているもの。それが、たとえば、寝不足をしていたり、風邪気味だったりと、体調を崩している人には、さらに大きな影響として出てくるようだ。

雨の日に鼻水が出て困る人は、まずは規則正しい生活リズムや十分な睡眠、バランスの良い食事を心がけてみては?
 
 
ページトップへ戻る