奈良県 御所市 歯医者 花岡歯科医院 予防歯科 顎関節治療 ホワイトニング

ホーム お問い合わせ
駐車場をご用意しております
  • 院長・スタッフ紹介
  • 診療の流れ
  • 院内紹介
  • 診療時間・地図

 

診療時間・アクセス

ヘルスプロモーション医院であること

トップページ»  健康の豆知識»  健康の豆知識 記事no.25

健康の豆知識 記事ページ

寝相診断


無意識のうちにカラダは歪みを整えようとしています。自分のカラダを理解して、緊張をほぐしてあげることから始めましょう。

理想の寝姿

真っすぐあおむけになり、手は体側でゆるんだ状態。体のどこにも緊張がなく、精神的にもリラックスしている姿 勢。この姿勢ができず寝相が悪い人は、骨盤が弾力を失い、体のどこかが緊張しています。熟睡できる人は心配ありませんが、疲れが取れない、寝入りや目覚め が悪い人は、寝る前体操などがおすすめ。

何度も寝返り型

人は誰でも一晩のうちに20~30回は寝返りを打ちます。しかし、寝ている間に非常に多く寝返りを打つ人、いわゆる寝相の悪い人は、体に「ねじれ」傾向が強く、深く眠れていない可能性が。寝返りが多く、朝起きても疲れが取れないという人は、腰椎3番をゆるめてみ ましょう。腰や背中の緊張がほぐれ、安眠できます。

うつぶせランナー型

顔を横に向けて、うつぶせになり、片脚のひざを曲げているタイプ。骨盤の下の部分がギュッと縮んで硬くなり、 骨盤の中央にある、背骨の付け根部分の「仙骨」が出ていて、あおむけに寝ると当たって落ち着かない。安眠できていない人は、あおむけになり腰椎4番をゆるめる体操を試してみると良いでしょう。

大の字型

自信家で開放的な性格の人が多いと言われる大の字型。仰向けで両手両足をバーンと広げているので、リラックス しているように見えますが、実はそうでもありません。脚を広げるのは、骨盤底部をゆるめようとする姿勢。この姿勢で熟睡できていれば問題はありません。無意識に体がバランスを整えているのですから。

バンザイ型

両手をまっすぐ頭の上にあげて寝る人は、眼や頭(神経)が疲れ、首の緊張が強くなっていることから。腕を上に あげると首の緊張がゆるんで、頭の興奮が鎮まりやすくなるのです。「バンザイ」の寝癖があって、寝つきの悪い人は、足首の辺りにクッションなどを敷いて足 先を少し高くすると眠りやすくなるでしょう。

横向き胎児型

横向きにギュッと縮こまって丸まった姿勢。座布団一枚でも寝られる、コンパクトな寝相です。慢性的にテンショ ンが高く、集中力と持久力のある人が多い。男性よりも女性に多く見受けられます。骨盤の上のほうが縮みやすいので、脚をおなかの側に引きつけ、下腹部で強く大きな呼吸をすることで、骨盤の緊張をやわらげています。

抱きかかえ型

枕や布団をぎゅっと抱きかかえて寝ている人は、胸の緊張が強い傾向があります。胸が緊張していると、肩が前に 出て関節が硬くなるので、自然と呼吸が浅くなります。何かを抱きかかえることで、肩と胸の緊張を解いているのです。また、このとき、両脚の間にも何かを挟 むとさらに深い呼吸ができ、リラックスできます。

脚をクロス

左右どちらかの脚を、一方の脚に乗せ、交差させるポーズ。これは、骨盤がねじれている時によく見受けられる姿 勢、食べすぎた時にもこのポーズで寝るといわれています。疲れが溜まり、体の左右の緊張度が、いつもより大きくなっている現れです。脚上げ体操などで緊張 をほぐしてあげると、よく眠れるでしょう。
 
ページトップへ戻る