奈良県 御所市 歯医者 花岡歯科医院 予防歯科 顎関節治療 ホワイトニング

ホーム お問い合わせ
駐車場をご用意しております
  • 院長・スタッフ紹介
  • 診療の流れ
  • 院内紹介
  • 診療時間・地図

 

診療時間・アクセス

ヘルスプロモーション医院であること

トップページ»  健康の豆知識»  健康の豆知識 記事no.24

健康の豆知識 記事ページ

風呂の効用


高血圧の人が浴室で倒れることがよくあります。皮膚が熱いお湯や冷たい水などの刺激を受けると血圧はすぐ上がるからです。

湯船につかる姿勢も問題で、水面から心臓まで深いほど水圧が大きくなり、心臓に負担をかけて血圧を上げます。
 
だからといってお風呂を怖がることはありません。入浴することが悪いのではなく、入浴の仕方が悪いのです。
正しい入浴は心身ともにリラックスして血圧を下げる効果があります。



右のイラストのような入浴法は高血圧の人にお薦めです。
また、
体調の悪いときはやめる。
浴室の室温は18~20度にしておく。
高血圧の人はできれば二番湯以降にする
(一番湯は皮膚を刺激することがあるため。ただし入浴剤を入れれば問題なし)
などの点にも注意しましょう。

風呂の効用


次のような人は要注意
熱いお湯・新湯・長湯が好き
お風呂の最後に水をかぶる
熱があってもお風呂に入る
湯船に入らず、お湯をかぶるだけ
深酒をした後、お風呂に入る
汗をかいたまま下着をつける
 
ページトップへ戻る

血圧を下げる入浴のコツ


お風呂は正しい入り方をすれば血圧を下げるのに有効ですが、入り方を間違うと脳卒中や心筋梗塞を起こす危険性があり注意が必要です。注意するポイントとしては脱衣室やお風呂場の温度があります。
ここが寒いと衣服を脱いだ時に血管が収縮し、血圧が上昇します。その寒い中で熱いお風呂に入ろうとすると、急激な温度変化でさらに血圧が上昇します。お風呂に入った途端に最高血圧が50mmHgも上がる事さえあるほどです。
血圧の変化が大きいほど脳卒中や心筋梗塞を引き起こしやすくなるので、入浴の際にはあらかじめ脱衣室やお風呂場を暖めて置くことが大切です。

また、お風呂のお湯の温度も注意するポイントのひとつです。ぬるめのお湯でじっくり入浴すると、温められた血管が拡張するほか、水圧で心臓に戻る血液が増えるために尿を出やすくするホルモンが分泌されて降圧作用をもたらします。じっくり入浴すると体の芯まで温まるため、この降圧効果も持続します。
また、市販の炭酸浴剤などの入浴剤を使っても湯冷めしにくくなるため、降圧効果が持続しやすくなります。
年配の方ほど熱いお湯を好みますが、熱いお湯では長時間入っていられないためにこの降圧効果は持続しません。
また、42度以上のお湯に長時間入っていると高温によって体の水分が失われるため、血液がドロドロする事で血栓ができやすくなる事もわかっています。これにより脳梗塞や心筋梗塞の危険性が高まるので、入浴前とあとに十分な水分補給をするようにしましょう。
ページトップへ戻る