奈良県 御所市 歯医者 花岡歯科医院 予防歯科 顎関節治療 ホワイトニング

ホーム お問い合わせ
駐車場をご用意しております
  • 院長・スタッフ紹介
  • 診療の流れ
  • 院内紹介
  • 診療時間・地図

 

診療時間・アクセス

ヘルスプロモーション医院であること

トップページ»  健康の豆知識»  健康の豆知識 記事no.19

健康の豆知識 記事ページ

口腔カンジダ症


口腔カンジダ症は口腔内に常在するカンジダ菌という真菌が異常繁殖して起こる病気です。
粘膜に白斑や紅班を起こします。自覚症状はヒリヒリしたり、味が変わったりしますが症状が出ないことも多いので見落としされやすい病気です。
放置すると誤嚥や血中移行で内臓真菌症などへの重篤な病気の入り口となります。真菌とは分かりやすくいえば、水虫などの菌です。

カンジダの白斑とは


灰白色あるいは乳白色の点状・線状・帯状・板状など種々の苔状の偽膜で異常に繁殖したカンジダ菌の塊です。舌・頬・歯肉・咽頭・口蓋の粘膜にできます。

口腔カンジダになりやすい人


以前は白血病やHIVなどの特別な病気をもつ人だけがかかる病気であると認識されてましたが、高齢化や医学の進歩により特別な病気でなくても体力低下がみられる場合や高齢者に増加しているといわれてます。
特に脳卒中に罹患して寝たきりの人などから高頻度でカンジダ菌が検出されるという報告もあります。
すなわち食事の経口摂取がされない場合や口腔ケアが充分されない場合は発症の危険が高まるといえるでしょう。

カンジダ症に対する口腔ケア


抵抗力や体力が低下した場合にかかりやすいのでそのような患者さんでは特に口腔ケアが大切です。
また唾液分泌が低下した口腔乾燥(ドライマウス)を持つ人にも多くみられますので唾液分泌を促す口腔ケアや口腔を湿った状態に保つ必要があります。
歯ブラシでのブラッシング、レモン水を使った口腔清拭や唾液腺マッサージが有効です。市販の口腔内保湿ジェルなどもいいです。
入れ歯を使ってる人は頻繁に入れ歯の洗浄を心がけてください。
進行したカンジダ症は薬を使用しなければ治癒しませんので必ず医者か歯医者に診断を受けてください。

ページトップへ戻る