奈良県 御所市 歯医者 花岡歯科医院 予防歯科 顎関節治療 ホワイトニング

ホーム お問い合わせ
駐車場をご用意しております
  • 院長・スタッフ紹介
  • 診療の流れ
  • 院内紹介
  • 診療時間・地図

 

診療時間・アクセス

ヘルスプロモーション医院であること

トップページ»  健康の豆知識»  健康の豆知識 記事no.17

健康の豆知識 記事ページ

入れ歯洗浄剤は有効です


入れ歯は寝る前にはよく洗って水の中に浸けて置くのが大事です。この時入れ歯の洗浄剤を使うとさらに綺麗になります。
 
歯ブラシで入れ歯を洗っても汚れが落ちにくいことがあります。入れ歯の形は複雑ですから歯ブラシがあたりにくい部分(部分入れ歯のバネの裏側など)には汚れがつきやすし取れにくいです。このような時洗浄剤は有効です。
 
入れ歯洗浄剤には過酸化物タイプ・酸素タイプ・生薬タイプなどがあります。ただし洗浄剤に頼りきりはいけません。大きな食片などは溶けませんし。2~3日たった汚れは固まってしまうので落ちにくくなります。
 
原則的に寝る時は入れ歯をはずしますが、例外として食いしばりや歯軋りがあり残ってる歯に過剰の負担ががかかる場合、かみ合わせが無く顎関節に負担がかかる場合、入れ歯をはずすと残ってる歯で粘膜を傷つける場合、このような時は入れ歯をつけて寝てください。あくまでもよく洗浄して起きたらまた洗浄してください。

ページトップへ戻る

入れ歯安定剤はむやみに使わないように


入れ歯安定剤が市場で物凄い売れ行きです。しかし歯科医院では使ってません。
 
なぜでしょう?
 
安定剤を使うと入れ歯がもともと噛んでいた位置よりずれることがあります。入れ歯がずれると、かみ合わせがずれ歯茎や顎の関節に負担ががかり口が開けずらくなったり痛みが出たりします。
 
またずれた入れ歯で噛んでいると左右の噛む力が違ってきて強い方に歯茎の吸収がおきます。すると入れ歯がはずれやすくなりさらに安定剤を使うという悪循環が生じます。
 
入れ歯の安定剤は軟らかいものが多いため汚れ(細菌 食片)を吸着しやすくそれが歯茎の炎症をひきおこします。

御所の桜と春祭り

ページトップへ戻る