奈良県 御所市 歯医者 花岡歯科医院 予防歯科 顎関節治療 ホワイトニング

ホーム お問い合わせ
駐車場をご用意しております
  • 院長・スタッフ紹介
  • 診療の流れ
  • 院内紹介
  • 診療時間・地図

 

診療時間・アクセス

ヘルスプロモーション医院であること

トップページ»  健康の豆知識»  健康の豆知識 記事no.16

健康の豆知識 記事ページ

おしゃれな江戸で歯磨き粉が大ヒット


江戸時代、江戸っ子といわれた人々は、身だしなみに気をつかい、特に口が臭いのを嫌いました。
そこで、割り箸くらいの太さの木の棒のはしを、かなづちでたたいてほぐした〔ふさようじ〕というのを使い、焼いた塩か歯磨きやさんの作った歯磨き粉を使って、口の中を爽やかにしました。

当時有名だったのは、毎朝通りを売り歩く歯磨き売り。引き出しのついた箱を肩にかけ、歌舞伎風の扮装で、「おはよう」「おはよう」と声をかける彼ら は、<おはようの歯磨き売り>と呼ばれて親しまれました。たくさん売れると、人気役者の物まねや百面相などの芸をして人々を楽しませたそうです。
中には神社や道端に屋台を出して売る人も現れ、こま回しなどの曲芸や、自分の背よりも長い太刀を気合とともに抜く芸を演じる
大道芸を見せました。にぎやかなイベントは大人気で、歯磨き粉はおしゃれや流行に敏感な江戸っ子のシンボルとして飛ぶように売れたのです。
それが全国に広がり、今の歯磨き粉のもとになりました。

ページトップへ戻る