奈良県 御所市 歯医者 花岡歯科医院 予防歯科 顎関節治療 ホワイトニング

ホーム お問い合わせ
駐車場をご用意しております
  • 院長・スタッフ紹介
  • 診療の流れ
  • 院内紹介
  • 診療時間・地図

 

診療時間・アクセス

ヘルスプロモーション医院であること

トップページ»  予防歯科

食事と酸の関係

私たちは食事(飲食)をすると口の中の唾液のpH(ペーハー)が酸性になります。この酸が歯の表面を脱灰(溶かす)します。そこに菌が感染したのが「むし歯」なのです。ところが、時間がたつと唾液のpH(ペーハー)がもとの中性にもどります。その結果、唾液中に溶かされたカルシウムがもとに戻され、歯の表面に修復されるのです。このときフッ素が修復を助けます。

あなたの歯の数 -現状・将来(いま・これから)-

あなたの歯の数 -現状・将来(いま・これから)-

日本人は50歳から急速に歯を失い、60歳では平均9本の歯を失っています。
現在、成人が歯を失う60%が歯周病で40%がムシ歯であると言われています。
歯周病やムシ歯で歯を失わないためにも、歯科医院での定期健診をおすすめします。

定期検診について

今の状態を確認し、不十分なところを補いあなたに合ったケアの仕方を指導します。

何故、定期健診が必要なのか?

しっかり歯を磨いているのに。特に悪いところはないのに?

何故1. 自分だけのブラッシング(セルフケア)だけでは落とせないプラークがあります。
何故2. プラークは細菌の塊(バイオフィルム)を形成し、歯周病を発症させます。
何故3. 口の中はつねに変化し、自覚症状もないまま悪化します。

定期健診の内容
歯周精密検査 (X線検査、歯周ポケットの測定、動揺度の検査)
ブラッシングの再確認
咬み合わせのチェック
生活習慣指導
PMTC (プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)
抗菌剤の塗布、フッ素塗布
定期健診の目的
目的1. 歯周病やムシ歯に罹っていないかチェックします。
目的2. 毎日のブラッシングができているかチェックします。
目的3. 歯石など自分で除去できない汚れをきれいにします。
目的4. 歯周病やムシ歯のリスクがある部分に薬剤を塗って守ります。
定期健診の受診サイクル

定期健診は、患者さんの口腔状態によって受診サイクルが異なります。
通常、1~2ヶ月に1回、3~4ヶ月に1回、6ヶ月に1回、1年に1回のサイクルに分類されます。

むし歯を予防するには

食事の回数を減らす
食事の回数が多ければ脱灰(溶かされる)ばかりになる。

再石灰化の時間を長くする
間食を減らす。

 

酸を洗い流す
ひんぱんに「うがい」をする。

夜食の禁止
就寝時には唾液が流れないので、夜食はひかえる。

P.M.T.C

毎日すみずみまで磨いているつもりでも、どうしても歯ブラシの届きにくい所、汚れがたまりやすい所ができてしまいます。この部分のお掃除を徹底的に行うのがP.M.T.Cです。さらに、フッ素コートにより歯の表面が丈夫になります。

歯面に歯垢が付きにくい状態に保つことができます。したがいまして、むし歯や歯周病(歯槽膿漏)の予防に絶大なる効果があります。

こんな効果があります!

6年間のむし歯発生率を比べてみると実に70倍の差があります。むし歯予防に効果は絶大です。

効果

P.M.T.Cの手順

1.口腔内チェックと歯垢・歯石を除去

まずは歯と歯肉の状態を検査。染め出し液を使って、磨き残しやタバコ・コーヒー・お茶などによる沈着物、歯石がついているかどうかチェックし、ついていればそれを取り除きます。

ar

2.クリーニング

特殊な器具を使って、歯の表面、歯と歯の間、つけ根の部分を1本ずつ丁寧に磨き上げていきます。三角チップ→デンタルフロス→ブラシ→ラバーカップと段階をふんで進めます。

ar

3.フッ素塗布

きれいに仕上がった歯にフッ素を塗ります。
※フッ素を塗った後の1時間は食事ができません。
※ふだんの歯磨剤もフッ素入りが有効です。

P.M.T.Cのメリット

歯が白くなる
表面についたタバコのヤニ、茶シブなどの汚れが取れます。

歯肉が健康になる
歯のつけ根にひそんでいる細菌が減り、歯肉がひきしまります。

 

虫歯が防げる
虫歯菌の棲家になるプラークがなくなるので、虫歯とサヨナラ!

ページトップへ戻る